2011年12月29日

Management Course 新連載!マネジメント・コース第1回Lesson 1:

A man is getting into the shower just as his wife is finishing up her shower, when the doorbell rings. 
妻がシャワーを終えたとき、夫がシャワーを浴びようとバスルームに入ったと同時にドアベルが鳴りました。
The wife quickly wraps herself in a tower and runs downstairs.
妻は急いでタオルを身体に巻き付け、階下に駆け下りました。
When she opens the door, there stands Bob, the nextdoor neighbour. 
彼女がドアを開けると、隣のボブが立っていました。
Before she says a word, Bob says, 'I'll give you $800 to drop that towel.' 
彼女が口を開ける間もなく、ボブが言いました「そのタオルを下に落としたら800ドルあげる」。
After thinking for a moment, the woman drops her towel and stands naked in front of Bob, after a few seconds, Bob hands her $800 and leaves. 
ちょっと考えてから、妻はタオルを下に落としてボブの前にすっぽんぽんで立ち、数秒後にボブは彼女に800ドルを手渡して立ち去りました。
The woman wraps back up in the towel and goes back upstairs. 
彼女はタオルを再び身体に巻き付け、2階へ戻りました。
When she gets to the bathroom, her husband asks, 'Who was that?'
彼女がバスルームに戻ったとき、夫が尋ねました「誰だったの?」
'It was Bob the nextdoor neighbour' she replies. 
「隣のボブよ」彼女は答えました。
'Great," the husband says, 'did he say anything about the $800 he owes me?'
「よかった」夫は言いました「ボブに貸しといた800ドルのこと何か言ってた?」
Moral of the story:
教訓:
If you share critical information pertaining to credit and risk with your shareholders in time, you may be in a position to prevent avoidable exposure
クレジットとリスクに関する重要な情報を、シェアホルダーと共有してさえいれば、リスクに対して無防備に露呈してしまうことを避けられる
ちなみに写真は義理の弟ジョナサン(愛称ジョン)がミリヤムと同棲していたアムステルダムに遊びに行って、住宅地を散歩していたら突然現れた何やら不思議なお店のショウウィンドウ。看板猫が座っているのが見えますでしょうか・・・・今は、ジョンとミリヤムはアムスから北西のベルヘンという別荘地に引っ越して猫2匹と仲良く暮らしています♡

2011年12月19日

Cats photos with captions (last) 猫写真キャプション(最終回)

仲良しのスーザンさんから転送されてきた猫写真キャプションシリーズも今回が最終回です(汗)
This is the last of the popular series forwarded from my friend Susan-san:
バスタブの中の金魚「この影、バットマンだといいんだけど・・・・」

***
牛のフンだ。
間違いなく牛のフン踏んじゃった。
・・・・・
自然なんか大嫌いだ。

***
 ベイベー「ぶぅえいんず~(「脳みそ」の赤ちゃん訛り)
被害者「またゾンビ映画見せちゃったろ~」

***


 飲料水用ボウルに聖水を入れとくと・・・・

いつも効きます
***
めでたしめでたし。

2011年12月16日

Cats photos with captions (cont'd) 猫写真キャプション続き

プレゼントを開けても良いと言われるまで、午前中にず~っと「中身はにゃにかにゃ?」と箱を降り続けていた子供たちは罪悪感に打ちひしがれました(涙)
***

あ~・・・・テェ~ッド?止めといた方が良いと思うよ・・・・
***

とにかく何があってもだにゃ、絶対にだにゃ、このプラグは差し込んだままにしとけよ~いいにゃ~?!!

2011年12月2日

Cats photos with captions猫写真キャプション


***

わんこ:パスワードはな~んだ~?
にゃんこ:「このドアを開けにゃきゃテメーの阿呆ヅラを
猫爪シュレッダーにかけたるぞ~」かにゃ?
わんこ:あ すぐ開けます~
***

悪い冗談は好い加減にしろ~!
おうちはどこに埋めたんにゃ~?!

***

ダーリン、昨日の夜うちのにゃんこ家の中に入れたよね~?
ううん、あにゃたが入れてくれたんじゃにゃかったの~?

 ***


あの消防士さん早いとこデートの申し込み済ませてくれにゃいかにゃ~
ここ ちょっと飽きてきちゃったにゃ~(汗)



----
脚注*
野うさぎ hare は英語でヘアーと発音します
ちなみに髪の毛 hair も同じヘアー
スペルが違うだけ
髪の毛がお皿の中に入っているのはレストランでお客さんが苦情を申し立てる理由のナンバーワン
つまり
英語の駄洒落になっているのであります~♪

2011年10月6日

Tears in our eyesマックユーザの追悼

Rest in peace and rise in glory.  Amen!
First flower tribute @ Apple HQ pix by (C) Robert Scoble, Esq.
https://plus.google.com/111091089527727420853/posts?hl=en

I have been a Mac user since 1990.
Mr Scoble has also posted this photo in his G+:

According to him, this pix is taken by Ms Lea Suzuki of of the San Francisco Chronicle at the end of the keynote address to the Apple Worldwide Developers Conference on 6th June 2011.  Mrs Laurene Powell Jobs is praised by everyone for her kind and strong support for her beloved now late husband.
pix (C) Ms Lea Suzuki

Now my fellow G+ user, Yoshinaga-san has posted this to show his series of tribute:

(C)Jonathan Mak
http://jmak.tumblr.com/post/9377189056
https://plus.google.com/112435268066266072535/posts?hl=en
http://www.dfnt.net/ (Yoshinaga-san's personal blog home)
No need for words but "Thank you, Steve".

2011年9月20日

BBC Horizon英公共放送の科学ドキュメンタリー番組シリーズで福島特集が放映されました

BBC © 2011
Fukushima: Is Nuclear Power Safe?
「福島:原発は安全か」という題で猫婆が大ファンの物理学者ジム・アル=カリーリ教授(イラク&イギリスのハーフ)が福島を取材
http://www.bbc.co.uk/programmes/b014s49z

Six months after the explosions at the Fukushima nuclear plant and the release of radiation there, Professor Jim Al-Khalili sets out to discover whether nuclear power is safe.
福島第一の爆発事故および放射性物質の漏洩から半年後、同教授が原発が安全かどうか調査に向かいました。
He begins in Japan, where he meets some of the tens of thousands of people who have been evacuated from the exclusion zone. He travels to an abandoned village just outside the zone to witness a nuclear clean-up operation.
先ず日本で、避難指定区域から立ち退きを命じられた数万人の被害者の中で数名の方に面会。そして飯舘村を訪問し、除染作業を視察します。
Jim draws on the latest scientific findings from Japan and from the previous explosion at Chernobyl to understand how dangerous the release of radiation is likely to be and what that means for our trust in nuclear power.
同教授は、日本の最新科学データとチェルノブイリ原発事故からのデータを照らし合わせ、放射性物質漏洩が如何に危険か、また原発に対する信頼にどう影響するのかを調査します。
Related Links(関連リンク):
Prof. Jim Al-Khalili 同教授の公式サイト(www.jimal-khalili.com)
Laboratoire de Physique Subatomique et de Cosmologie 仏国立素粒子物理学・宇宙論研究所 (lpsc.in2p3.fr)
Prof Hitoshi Kanazawa - Fukushima University 福島大学金沢教授(www.sss.fukushima-u.ac.jp)
Prof Mykola Tronko - Institute of Endocrinology and Metabolism, Ukraine ウクライナ国立内分泌学・代謝研究所ミコラ・トゥロンコ教授(kmapo.edu.ua)
Research Centre for Radiation Medicine, Ukraine ウクライナ放射線医学研究センター(www.rcrm.net.ua)
翻訳者注:
同教授の調査では、チェルノブイリ事故以降の国際的医学データを見る限り、事故当時0歳児~19歳だった年齢層において甲状腺癌の発症率が異常に高まったものの、早期発見・治療の成果のおかげで生存率は99%以上という成功をおさめている。
福島での事故はチェルノブイリよりも随分規模が小さい上、子供たちへのヨウ素錠剤の配布も迅速に実施されており、本当に心配されるのは、チェルノブイリ被害者と同様に、鬱病・不安症の発症率であり、その深刻度である。
原発開発上で、危険なウラニウムではなく、比較的安全なThorium(トリウム)を液状燃料として原発に使用するという米アルヴィン・ワインバーグ博士の 提案が米政府から予算を理由に(既に巨額の投資がウラニウム発電に供与されていたため)拒絶され、同博士は国家予算を研究に継続して受けることができず、 干されてしまっていたが、最近になって同博士の理論が再度注目されている。
この他、仏グルノーブルでは、危険な原発使用済み燃料の処理に関して新しい研究が進んでおり、放射性物質をより安定化スピードの早い別の放射性物質に変換するトランスミューテーション実験が行われている。

結論として、茨城や福島の皆様に、少しだけ安心して頂ける情報を発信できると確信し、今回のブログ記事を作成致しました。ご意見・ご批判など日本語コメント大歓迎です。
おまけ 猫写真シリーズ続き:
業務連絡:老いぼれ猫国王陛下〜Mac不具合でしょうか〜
「さす通」配信お待ちしております〜(汗)
御無事で〜(涙)






2011年9月13日

Cats photos from my friend Susan-san親友スーザンさんからの猫写真


My friend, Ms Susan Baldwin kindly emailed me the cats photos:
海事業界での仲間だったスーザン・ボールドウィンさんからメールで送られて来た猫写真を御紹介致しましょう♪
Wish these would bring you a smile...
これで皆様のストレス疲労を少しでも軽減出来れば幸甚です♪

ところで老いぼれ猫国王陛下から「さす通」最新898号が発行されたのが7月10日、それから音信不通となっております(涙)
またMac不具合でしょうか(汗)
I wonder if HM Oibore Neko I's Mac is having a new problem as his last Sasurai Tsushin email magazine was published on 10th July 2011 followed by complete  silence....

2011年8月5日

VW: A Stormtrooper Sees the Light

清貧。

VW is lobbying against environmentally friendlier regulations.
We've got to bring them back from the Dark Side!
フォルクスワーゲンは欧米で提案されている環境保護政策に反対するロビー活動を続けています。
ダークサイドから戻るんだ、フォルクスワーゲン!お〜い!かえってこ〜いよ〜♪

2011年7月2日

60W adopter

これは猫婆直筆の猫イラストにゃんです(汗)意味もなくアップ(涙)


MacBookのアダプタがまた壊れますた(涙)
前回は50ポンドも出して純正品をリージェントストリートのアップルストアまで買いにいきましたが、今回はもう怒ったぞ〜だって保証期間の1年を数日過ぎてついにお釈迦になるなんて出来過ぎ〜(怒)
それで英国アマゾンのサイトで中国製格安のバッタもんを注文。
無事配達されたブツは、アップルマークさえ付いてりゃ純正品と変わらない。
んでもって今回は先に手を打ちますた。
いつも接触不良になる部分を絶縁テープでテーピングしてから使用開始!!
これで4年はもつだろう。にゃ〜んちって。
その前にベターな新製品が出て、しかもSDDの薄くて軽い高速MacBookも貯金しまくって買えるように、鮮明なイメージを浮かべながら祈ってください皆様(汗)

2011年5月29日

apple & pear trees

在りし日のスーキーにゃん



Out of focus (sob)
へたくそな写真ばかりで申し訳にゃいっす(涙)

2011年5月23日

The Yamato Dynasty photos


Mickey Mouse welcomed Emperor Hirohito in 1975.

The caption goes:
Imperial Fan: Emperor Hirohito was a lifelong fan of Mickey Mouse and other Disney characters. As a child he called his hobby horse Snow White (the Imperial Household Agency told outsiders it was called White Snow). When he made a state visit to America in 1975, Hirohito insisted on visiting Disneyland in California, where he signed Mickey's guestbook and purchased a Mickey Mouse watch, which he wore for the rest of his life. Hirohito died in 1989 and was buried with his Mickey Mouse watch still on his wrist.

My apple and pear trees

pears

roses and my compost bin

blueberry

apples

2011年5月18日

Strange phenomena

How many times I try to post a comment, it ends up like a truncated one line:
video
See? Weird!
Once again:
video
Since 1990 I have used MS-DOS (later Windows) and Mac OS for technical translation and interpreting work. With more than 20 years of experience in personal computing, this is quite baffling.

2011年4月23日

Good Friday 2011


These are the photos from this year's Good Friday Procession of Witness attended by Church of England, Methodist, Baptist, United Reformed Church and Roman Catholic members of the Church on the Rise multi-denomination Christian group. For the first time we did not have the Police escort due to budget cuts!









Well, I have tried to upload mini movies of this year's procession but somehow kept on failing (boo hoo) so here is an old image of Suki relaxing in our front room on a Good Friday years ago.
:)

What risk does Fukushima pose currently? 福島からの現在のリスクは?

http://www.bbc.co.uk/news/health-12722435
英公共放送BBCニュース4月18日付け記事より抜粋

The Japanese authorities have recorded a radiation level of up 400 millisieverts per hour at the nuclear plant itself.
日本当局は、福島第一原発にて1時間あたり400ミリスィーヴァーツの放射能レベルを記録した。

Professor Richard Wakeford, an expert in radiation exposure at the University of Manchester, said exposure to a dose of 400 millisieverts was unlikely to cause radiation sickness - that would require a dose of around twice that level (one sievert/one gray).
マンチェスター大学の被曝関連専門家リチャード・ウェイクフォード教授は、400ミリスィーヴァーツというのは放射能疾患の原因とはなりにくいと語った。その約2倍のレベル(1スィーヴァート/1グレイ単位)でなければ心配ない。

However, it could start to depress the production of blood cells in the bone marrow, and was likely to result in a lifetime risk of fatal cancer of 2-4%. Typically, a Japanese person has a lifetime risk of fatal cancer of 20-25%.
ただし、骨髄で血球が生産されるレベルが下がり始める可能性はあり、その場合は癌で死亡する確率が2-4%発生する。日本人が癌で死亡する典型的な確率は、20-25%である。

A dose of 400 millisieverts is equivalent to the dose from 20 -100 CT scans.
400ミリスィーヴァーツは、CTスキャンを20回から100回受けるのと同様のレベルとなる。

Prof Wakeford stressed only emergency workers at the plant were at risk of exposure to such a dose - but it was likely that they would only be exposed for short periods of time to minimise their risk.
同教授は、同原発で緊急作業に携わる作業員のみがそのようなレベルの被曝に晒されているだけで、しかも彼らの被曝時間は最小限に制限されているはず、と強調する。

The upper limit of their exposure during this emergency is 250 millisieverts - around 12 times the normal permitted annual exposure limit in the workplace.
緊急作業中の被曝制限は250ミリスィーヴァーツまでに制限されている。これは、仕事場における通常年間被曝量の約12倍となっている。

The lower legs of two workers came into contact with highly contaminated water, which led to a high localised dose to the skin (1-2 gray) that was sufficient to cause temporary skin reddening. The dose to the trunks of their bodies was much less, at 100-200 mSv.
放射能汚染水に直接接触してしまった2名の作業員の足から、一時的に肌が赤くなる局部的被曝(1-2グレイ)が発生した。この作業員2名の上半身への被曝は、もっと低いレベルで100-200ミリスィーヴァーツで済んでいる。

However, even a dose of 100 millisieverts over a year is enough to raise the risk of cancer, and a dose of 250 millisieverts could produce an additional lifetime risk of around 1-2%.
しかし、年間100ミリスィーヴァーツの被曝量でも、癌に罹患するリスクを増加する。250ミリスィーヴァーツの場合は、がんで死亡する確率が約1-2%増えることとなる。

The level of exposure for the general population, even those living close to the plant, was unlikely to be anywhere near as high.
原発の近隣に住む一般市民に対する被曝レベルは、このような高いレベルになるとは思われない。

However, levels equivalent to around 25 millisieverts a year have been recorded in the village of Iitate, to the north west of the plant. Professor Wakeford said estimating the impact on human health of such a level was difficult, but there was some evidence to suggest that it could raise the risk of cancer - albeit by a small amount.
ただ、同原発の北西部に位置するイイタテ村において、年間約25ミリスィーヴァーツが記録されている。同教授は、このようなレベルが如何に人の健康に影響するか予測するのは困難としながら、癌で死亡する確率が多少増加した証拠が確認されたケースもあるとしている。

The pattern of contamination around the plant is patchy, reflecting wind direction and rainfall at the time of any release. The risk to people living in less contaminated communities will be much lower than the areas to the north-west of the plant.
原発周辺における汚染パターンはまちまちで、風向きや雨に影響されている。より汚染されていない地域の住民の方々へのリスクは、イイタテ村のような地域と比較してより低くなる。

2011年3月28日

Go to hell, stupid demagogues!地獄に堕ちよ、愚かなデマゴーグたち!

英公共放送の医学特派員ファーガス・ウォルシュ記者による3月23日付け記事です:
http://www.bbc.co.uk/blogs/thereporters/ferguswalsh/
マンチェスター大学客員教授でドルトン原子力研究所のリチャード・ウェイクフォード教授は、東京の水道を飲むことによる健康への影響は極めて小さい、と言います。
Professor Richard Wakeford from the Dalton Nuclear Institute and visiting Professor of Epidemiology at Manchester University said the health effects would be extremely small.
同教授の計算によると、現在日本政府が制定している限度レベルの放射能を含む水道を1年間飲み続けることは、例えば乳幼児に対しては0.4ミリスィーヴァートを摂取させる程度ということとなり、これを倍増でもしなければ、高いレベルの放射能を1年間も摂取し続けたという効果は得られないのです。
He calculated that drinking water for a year at the Japanese limit would give an infant a dose of 0.4 millisieverts (mSv), so you would need to double that to get the effect of drinking water at the higher level of radiation for a year.
すなわち、「理論上、発ガンのリスクは非常に低く、通常、地球上の誰もが自然に被爆するレベル以上の放射能を浴びることとなるとは言いがたい程の極端な低いレベルなのです」と言います。
Professor Wakeford said "in theory, there would be a very small additional risk of cancer, but in practice nothing more than you could expect to get from normal background levels of radiation".
それゆえ、1年間東京の水道水を飲むリスクは、例えばロンドンからコーンウォール地方に1年間移住する人のリスクよりも低いと言えます。(訳注:英国内の平均より、同地方では2倍強の自然被曝が観察されるというデータに基づく判断です。)
So the extra risk from drinking tap water in Tokyo for a year would be far less than that of someone moving, say, from London to Cornwall for a year.
科学者数名が既に指摘している通り、東京の水道水に関する警告は、単に「用心のため」の慎重で理にかなった対策に過ぎず、もし避けることが可能なリスクであれば、避けるにこしたことは無いという原則に基づくものに過ぎません。
As several scientists have pointed out, the alert about drinking water in Tokyo is simply a sensible precautionary measure, based on the principle that if you can easily avoid risk, you should do so.
ポーツマス大学の環境物理学部ジム・スミス博士は、「長期的に安全を確証するために、故意に低いレベルに設定してあるという事実を強調しなければなりません」と言います。
Dr Jim Smith, Reader in Environmental Physics at the University of Portsmouth said: "It should be emphasised that the limit is set at a low level to ensure that consumption at that level is safe over a fairly long period of time.
「すなわち、たとえば数リットルといった少量の水道水を飲む場合に、勧告される限界レベルの倍を摂取したとしても、健康に対するリスクは非常に低いということです」。
This means that consumption of small amounts of tap water - a few litres, say - at twice the recommended limit would not present a significant health risk.
「水道水を避けるようにという勧告は、妊娠中の婦人や、授乳中のお母さんをも対象として含まれることになると予測しています」。
I would expect that the recommendation not to drink tap water would also extend to women who are pregnant or breastfeeding."
しかしながら、「東京の水道水警告が、日本の食料・飲料水供給をめぐって不安・恐怖感のパニックを巻き起こしている」という報道を目にします。
Nonetheless, one bit of newswire copy said that the tap water alert in Tokyo was sending "anxiety levels soaring over the nation's food and water supply".
東京都民は、スーパーのボトル水の棚を空にしてしまうほど買い占めしている、と報じられています。
Residents in Tokyo are reportedly clearing the supermarket shelves of tap water.
日曜日に、福島原発の近隣区域からの牛乳やホウレンソウをはじめとする野菜類が基準レベルを超えていることが判明しましたが、日本当局は、健康に直接リスクを及ぼさないと発表してはいたのですが。
On Sunday, milk, spinach and other vegetables from areas near the Fukushima plant were found to have radiation levels higher than regulated standards, but the Japanese authorities said it did not pose an immediate risk to health.
福島第一からの放射能漏れ問題を軽視するつもりは全くありません。
I do not mean to underplay the issue of the Fukushima nuclear leak.
しかし、東京水道水の危険は、約9千5百名の死者と1万4千7百名の行方不明者を出した地震と津波に比べれば、屁でもないのです。
But the dangers from Tokyo tapwater do not bear any comparison with the earthquake and tsunami where there are currently nearly 9,500 confirmed dead and more than 14,700 people still missing.
(以上 一部転載)
日本語訳に意訳し過ぎなど(「屁」という言葉を使うな!自分)多少問題がありますが、誤訳はありません(きっぱり)。
ファーガスは、医学博士のプレス発表を専門に報道している記者です。理系です。首都圏のボトル水買い占め騒ぎは必要ないと明言しているのです。
都民の買い占めショッピングはやめるように、皆様、上記の情報の拡散を願います。

2011年3月18日

Japan update - Hachinohe Port , Aomori Prefecture photos八戸特派員報告



Our Hachino-he Correspondent Appletree-san has sent us the above two images shot in 11th March 2011.
青森県八戸市の昨夜の状態です。(港)
The Tsunami has flipped around the cars.
津波で車が打ち上げられています。
Many ships were washed away from the port in frightening, stormy waves.
船がすごい勢いで何艘も沖に流されていきました。
Houses? Sheds? They were all washed away. It was too dark to shoot.
家? 小屋? みたいなものも流されていましたが、暗くて撮影できず。
Can you see the waves? Regrettably the resolution is not high due to lack of light.
波が見えますか?暗いので不鮮明ですが。
Because of the power cut, we don't have access to the net and cannot reply any communication.
電気通じておらず、ネットにもつながらないので返信不可です。
However, local people here are relatively calm because we experience quakes considerably frequently.
地震が多いところなので、皆割合冷静沈着。
It's just we cannot recharge our mobile phones.
ただ、携帯の充電ができません。
As our fridge is dead, we must consume food from our freezer.
食料は冷蔵庫が使えないので冷凍庫のものを食べなくてはならない。
Suppose it won't be rotten as it is too cold.
寒すぎて悪くはならないでしょう。
It could have been worse.
不幸中の幸い。
From Hachinohe, Aomori Prefecture.
以上 八戸の情報でした。

アップルツリーさま、大変な困難を経験されておられることと存じますが、粘ってください、赤十字募金活動など出来る限りの支援を開始しておりますから!
Please hang on there, we are doing all we can to support you by donating to the British Red Cross and campaigning for Japan!